マイホームデザイナー12を使ってみた感想

「マイホームデザイナーって役に立った?」

という話もいただいたので、ちょっとマイホームデザイナー12(以下、MHD)について所感などを。

 

間取りを考える

まず、間取りを考えるときは

方眼用紙に手書き

が一番はかどったので、MHDはさほど使いませんでした。

 

色々悩んでいた頃の間取り。今の間取りの原型です。

手書きの間取り

 

役に立ったこと

広告

目線から見たイメージがつかみやすい

結構、実物と雰囲気が近いですよね?

マイホームデザイナー

マイホームデザイナー

 

シーリングファンがまだ付いていませんが。

マイホームデザイナー

マイホームデザイナー

 

特に吹き抜け部分のイメージはつかみやすかったです。

 

あと、隣の家からどう見えるか、とかもイメージがつかめました。

まずはcadでシミュレーションした上で…

マイホームデザイナー

 

目線の位置で、お隣さんの見え方が変わるのが分かります。

実際も、概ねシミュレーション通りの見た目でした。

 

この目線ではお隣は見えない。
マイホームデザイナー

 

ここまで上がると見えてくる…とかが分かりやすいですね。
マイホームデザイナー

 

 

正面にある収納の上下の窓の見え方とか、事前に確認できました。

こんな風に見えるはず…というのを

マイホームデザイナー

立体で確認できます。

マイホームデザイナー

 

マイホームデザイナー

 

日当たりのシミュレーションができる

こんな風に周りの建物を配置すれば、どういう感じで日が当たるかがシミュレーションできます。

これは結構便利かも。

マイホームデザイナー

 

広告

家具などの配置がイメージしやすい

ハンモックとかすごく適当な感じですが…

マイホームデザイナー

 

ということで、所感としては

間取りを考えるときに便利、

というよりも

間取りを決める際の雰囲気がつかめる

といったメリットが大きいかな、と思います。

 

家づくり検討中の方は使ってみてはどうでしょうか。

広告

シェアする

2件のフィードバック

  1. すごい分かりやすかったです、ありがとうございます。ちなみに、周囲の建物はレーダー計測とかを使って、距離や高さを調べたのでしょうか?

  2. ちょっと難しい話になりますが、札幌市役所の2階、建築確認課で確認申請の概要書を閲覧できます。
    そこに配置図とか高さが載っているので、そこから数値を拾いました。
    ただし、欲しい建物の地番が分からないとダメなので、ちょっとハードルが高いかも知れませんね…

    一応、私、一級建築士なので~!
    でも、誰でも見られるものなので相談してみると良いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする